MENU

治りにくい爪の水虫の原因と対策、予防方法をまとめて徹底解説!

治りにくい爪の水虫の原因と対策、予防方法など

爪水虫にをどうにかしたいあなたに有効な情報をまとめてご紹介しています。

 

 

水虫は【治りにくい、しつこい】というイメージがありませんか?確かに普通の皮膚疾患に比べると水虫は治りにくいです。
でも、皮膚科の病院にきちんと通って処方された薬をキチンと使っていればキレイに治すことができますし、実は最近の水虫の市販薬もかなり強力なものなので、使い方を正しく理解して根気よく続けていればちゃんと完治する事が出来ます。
余談ですが一般的なイメージの足にかかる水虫は「足水虫」とも呼ばれています。

 

ですが、水虫の一種である爪水虫はそうはいきません。
爪水虫は爪の中に水虫になってしまった状態で爪は皮膚と比べてとても硬い上、患部が爪の中にある為普通の足水虫の薬ではなかなか患部まで薬が浸透せず完治するまでにものすごい時間がかかってしまいます。

 

また爪水虫は男性よりも女性の方が多いと言われています。

 

  • 爪が汚いせいでつま先が見えるミュールやパンプスが履けない・・・
  • 親指の爪がガサガサゴワゴワだからペディキュア出来ない
  • 海やプール、旅行や温泉に行くのも躊躇してしまう・・・
  • ストッキングを履いていると蒸れてかゆくなる・・・
  • 水虫って知られたら恥ずかしい!

 

爪水虫がちっとも良くならないせいでストレスになったり生活のペースが乱れてしまったという人も多いです。
男性なら多少の水虫は笑い話にも出来ますが、女性の水虫なんて恥ずかしいですよね?
女性の多くは絶対誰にも知られたくない!と皮膚科で治療を受けるのすら抵抗があり、悩みながら隠れて治療している人ばかり。

 

なかなか治らない爪水虫のために、困っている方は大勢いるでしょう。
爪水虫が治らないと嘆いているアナタは、自分の爪水虫ができた原因を把握していますか??

 

爪水虫を治したいならその原因と対策方法を正しく理解しておく必要があります。
このサイトが爪水虫で悩んでいるあなたの参考になったら嬉しいです。

 

爪水虫を正しく知ろう!水虫の症状と原因【それ本当に水虫?】

水虫とは?水虫の原因はカビ!

そもそも水虫とは白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる真菌(菌類・カビの一種)が足の裏などに侵食し、炎症が起きる感染症の事を指します。
白癬菌は肌の角質に住み着き感染しますが、肌の角質は病原菌をやっつけてくれる白血球が活動できない場所であり、通常は皮膚の新陳代謝で治していくのですが、白癬菌は新陳代謝よりも早いスピードで新しくできた皮膚に侵食していくため、自然に治癒する事が期待できません。水虫がなかなか治らず、しつこい理由は新陳代謝以上の侵食力の影響が大きいです。

 

 

 

白癬菌は手や身体にも感染することがありますが、水虫を疾患している人の9割は足に発症しているといわれています。
足は靴や靴下を履いて蒸れてしまうため、白癬菌にとって住みやすい温度と湿度が高い環境になることが多いためです。
以前は男性の病気というイメージがありましたが、現代社会では女性もフルタイムで勤務するようになり、ブーツやストッキングなどで白癬菌の住みやすい環境が出来てしまうため、が水虫で悩む女性もかなり多いようです。


 

水虫が出来る部位

足の水虫と一口にいっても足の水虫が出来る部位には図のように大きく4つに分かれています。爪水虫もその中のひとつという立ち位置になります。

趾間型

いわゆる水虫として多くの方が認識されているものかと思います。足の指の間(趾間)に感染し、指の間の皮膚がふやけて慢性化しやすく、かゆみを感じる事が多いです。

小水疱型

土踏まずに出来る水虫で赤い小さな水疱(すいほう)が出来る事が多いです。あせもや湿疹と似た症状ですが、小水疱型の場合、激しいかゆみが伴います。

角質増殖型

かかと部分に出来る水虫です。表面がザラザラしていて皮がむけてきますが、かゆみはあまりなく症状としては安定している事が多いので、水虫にかかっていると気付いていない人が多いといわれています。

爪水虫

白癬菌が爪の中に感染してしまう事によって起こるのが爪水虫です。どの指の爪にも感染する可能性はありますが、多くの場合親指に感染するようです。自覚症状は少なく、かゆみもあまりありませんが、爪が白く濁る、爪の形が変形する、爪がボロボロと崩れるのが大きな特徴となっています。


 

これは水虫のせい?似たような症状の皮膚炎はコレ

ぱっと見足の皮がむけていてジュクジュクとした状態となっていると「水虫にかかっちゃった!」と思う方が多いですが、実は皮膚炎の中には水虫と似たような症状を持つ疾患があります。
それぞれ治療方法が全く異なりますので、水虫と思って市販薬を使っても一向に良くならないばかりかかえって悪くなってしまったという方は一度他の皮膚炎も疑ってみましょう。
特に女性の場合、恥ずかしくてお医者さんに診察してもらわず自己診断で薬を塗ってしまう人もいますが、全然よくならない!と悩んでいるなら一度お医者さんにキチンと見てもらい、水虫なのか他の皮膚疾患なのかきちんと診察してもらったほうが良いでしょう。


 

水虫と間違えてしまいやすい症状

 

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は一般的には「かぶれ」と呼ばれ、なんらかの外部の刺激(接着剤や染料、毒性のある植物など)に肌が触れてしまうと、その箇所が赤くなって水疱(水ぶくれ)が出来たり、ひどい時はただれてしまったりという症状の疾患です。
この場合は刺激物に触れてしまった箇所とそれ以外の箇所のさかいめがはっきりしているのが一つの特徴となります。

 

汗疱性湿疹

症状は水虫ととてもよく似ていますが、水虫が白癬菌に感染することによって発症するのに対し、汗疱性湿疹は汗が原因となって発症します。
手や足の裏などに小さな1ミリ前後の水ぶくれが発生しかゆみが伴います。
汗疱性湿疹は菌が原因ではないので水虫と違って他の人にうつってしまう事はありません。

 

皮膚カンジダ症

皮膚カンジダ症は水虫と同様に真菌が原因の皮膚炎ですが、白癬菌ではなく「カンジダ」という別の種類の菌に感染することにより発症します。
名称とイメージから陰部の病気と思われがちですが、湿度が高くこすれやすい箇所に生じる為足の指の間などでも発症する事が多々あります。
水虫と比べると比較的完治まで早いと言われていますが、白癬菌かカンジタ菌かの判断はお医者さんが直接顕微鏡で菌を観察する必要がある為、皮膚科にかかる必要があります。

 

 

爪水虫についてさらに詳しく!

女性なら足先のおしゃれも楽しむためにペディキュアを塗る人もたくさんいると思いますが、爪水虫に感染していると爪の形が変形しボロボロになってしまうためおしゃれをするどころか、「爪を出すのが恥ずかしくて隠すようになった」という人も多いです。
また、爪水虫に感染していると爪がボロボロと欠け落ちてしまいますが、この爪は白癬菌の温床となっていて菌を撒き散らしてしまう為、家族や恋人など身近な人に水虫をうつしてしまう可能性がとても高いです。

 

爪水虫は治りにくい水虫の中でも特に治りが悪いものと言われています。
今あなたが爪水虫で悩んでいるのなら、いくら市販の水虫薬を塗ってもちっとも良くならない・・・と感じたことがあるのではないでしょうか?
爪水虫を早くどうにかしたいのにぜんぜん治らない、治ってもまたすぐに爪がボロボロになってしまう・・・爪水虫が治りにくいのには理由があるんです。

 

爪水虫が治りにくい理由!
硬い爪のせいで薬が届かない

爪水虫は硬い爪そのものに白癬菌が感染しているため、一般的に販売されている水虫薬はその有効成分が爪の中にまで浸透せず、成分が表面にとどまってしまうため爪の奥にいる菌をやっつける事が難しいのです。

 

爪の成長よりも早い水虫の侵食力

通常爪は新陳代謝により少しずつ伸びて健康な爪を維持するように出来ています。ですが、爪水虫に感染している爪は新陳代謝による爪の生え変わりよりも早い速度で新しくできた箇所にも菌が侵食していくため、自然治癒は見込めず水虫薬を使用しても奥まで入り込んでしまうのです。

 

治ったように見えても再発する事が多い

一生懸命治療を続けて一見治った様に見えても爪の奥底にはまだ菌が感染している事が大変多いといわれています。見た目が治ったよう見える為、治療をストップしてしまい奥にしつこく残った菌が再度増え始め再発してしまうのです。

 

 

爪水虫を塗り薬で完治させるためには爪の奥まで届く、浸透力の高い薬をチョイスする必要があります。

 

>>爪水虫に良く効くと評判の爪水虫専用ケア用品はこれ!<<

 

水虫になってしまった人が困っていること、悩んでいること

 

爪の水虫は市販の水虫薬は効かないのか

 

爪の水虫になったことにうかつにも長い間、気が付きませんでした。爪の水虫以外のよくある足の指の間の水虫には気が付いており、市販の水虫薬で治療していました。
ところがある日、足の小指の爪が痛みもなくはがれてしまったことから爪の水虫がかなり進行していたことに気が付いたのです。
さっそくインターネットなどで情報を調べてみると爪の水虫は市販の水虫薬ではなかなか治療できないことが分かりましたが、とりあえず残っていた市販の水虫薬で治療を始めました。
普通の水虫では家族にその水虫をうつしてしまうことが悩みでありましたが、爪の水虫では家族にうつしてしまうだけではなく、足の爪が白濁してしまうだけでなく、足の爪が粉状にボロボロになってしまい、見た目にもよくないことの悩みが加わったのです。かなり長い間、市販の水虫薬で足の爪の水虫の治療を続けていましたが、やはり市販の水虫薬では悪化しないものの、現状維持がやっとで、完治をすることはないようでした。そうなれば、家族にうつさないうちに皮膚科などを受診することも考えていますが、かなり長期間に渡って内服薬の服用を続けないといけないということで皮膚科にかかることを迷っています。

 

【50代 男性 自営業】


 

 

私は水虫になって辛い事だらけでした

 

ある日足の裏の皮が急に剥けてきました。皮膚科に行って水虫検査すると水虫でした。すごく痒くて寝てる時とかもずっと痒くて辛かったです。皮膚科に行って水虫と言われた時に水虫は感染するから気をつけてと言われて家族に言うた時はすごく家族から嫌がられたときは辛かったです。なりたくて水虫になったわけじゃないのに辛かったです。水虫が治ったはずなのに1年ぐらい経つとまた足の裏が痒くなり再び水虫になった時は1回なるとなりやすいのは辛いです。私の場合は我慢できないぐらい痒いのが1番辛かったです。足は清潔にするように心がけてます。水虫は下手すると一生付き合わないといけない事なんでまた水虫なると辛いです。足の裏が痒くても仕事中や彼氏といる時や友達といる時は水虫なってるなんて恥ずかしくて痒くても痒けないのは辛かったです。水虫初めてなった時は私の場合は治るのに2ヵ月かかりました。毎日薬塗ってました。工場で働いて長靴を履かないといけない仕事なんで毎日履かないと行けなくて皮膚科に行くと長靴は履かない方がいいと言われて水虫のせいで仕事を辞めました。たかが水虫でこんなことになるとは思ってもみませんでした。再発しない薬が出来てくれると嬉しいです。

 

【20代 女性 会社員】


 

 

これも水虫!?家族に気持ち悪いと言われ・・・

 

私は小さい頃から肌荒れしやすい体質です。そのためカカトの部分がカサカサしたりひび割れたりするのは、体質のせいだと思っていました。しかし、あるとき家族にカカトを見てもらったときに、「ひょっとしたら水虫かもしれないよ」と言われて驚きました。
水虫の可能性を指摘されてからは家族にうつしても申し訳ないと思うようになり、近所にある皮膚科を受診してみることにしました。すると、医師は私のかかとを見るなり水虫であると診断しました。水虫になるとかゆみの症状が出るとばかり思っていましたが、私のようにカカトがカサカサになるタイプの水虫はかゆみを感じることが無いそうです。
カカトがカサカサしていたときは家族から「気持ち悪い」などと言われたこともありました。
そのままほったらかしていると範囲が他にもうつったり家族にまででうつしてしまう可能性があると言われて一生懸命治療中です。

 

【40代 男性 会社員】


 

 

武道の習い事はどうしたものか?

 

小学生のとき、習い事として武道を習っており、週に3日ほど道場に通っていました。
ある時、足の指の間に違和感を覚え、皮膚科にいった結果、水虫になっていることが分かりました。
また、同時に問題にも気づきました。習い事の道場では、武道を行っている間当然裸足であり、水虫のままでは素足にはなれないということでした。
もちろん、他の通っている人に移すわけにもいかないので。
道場の先生に相談した結果、それなら靴下を履いたままでよいということになったのですが、当然周りからは変な目で見られるし、自分も思い切った足を使った動作や、蹴りの型などもできないということになりました。年長者たちは、特に気にも留めないのですが、やはり周りの小学生からは距離をとられるしで、結構なストレスを感じ、しばらくの間道場に通えないという結果になりました。もちろん、家でも裸足にはなかなかなれなかったのも思い出です。
最終的には、病院の皮膚科から処方される塗り薬を塗り続け、足回りも清潔に保つように心がけることで、約半年後にはある程度症状も改善したのですが、結局道場にまた通うような気分にも慣れず、そのまま武道も辞めてしまいました。今思うと、通っていた道場もそこでできた友達も何人もいたのですが、なんだか勿体ない事をしたなぁという後悔が思い出されます。

【30代 女性 主婦】


 

手の水虫に気をつけないと

 

ある時自分の手が異様にかさついていると気づきました。冬でもないので乾燥しているわけないだろうと思いながら、手の皮がぽろぽろ剥けてくるんです。そしたらしだいに指先に水泡のような物ができてきました。私は足水虫になった事が無くて水虫の知識が全くなかったものですから、湿疹かなにかだと思ってほっておきました。すると2週間もたたないぐらいに水泡が他の指にも広がってかゆみが止まらなくなり、指先の皮がきたなく剥けてきました。接客業をしているものですからお客様に汚い指でご案内をする事になってしまって、先輩にも注意を受けたほどです。これはすぐに治さなければいけないと考え皮膚科を受診することに決めました。お医者さんが言うには足に水虫ができていないのに手にだけ水虫ができているのはめずらしいようで、しかも手の皮がぽろぽろ剥けてくる初期段階で薬をつけないと治りが遅いそうです。私はもう水泡がつぶれるまで悪化してしまいましたので塗り薬を処方していただき、地道に治療する事にしました。仕事中は塗る事ができませんので毎晩寝る前に塗っています。もう治療をはじめてからかれこれ2週間ほどになりましたがだんだんと水泡が無くなってきたように思います。でも中途半端にやめてしまうとすぐに元に戻ってしまうようですのでこれからも数ヶ月、地道に治療していきたいと思っています。

 

【50代 女性 接客業】


 

水虫との戦い

 

水虫は痒い。とにかく痒い。くつろいでいるとき、寝ているとき、いきなり痒くなってくる。
一度かき出すと止まらない。かいている最中は刺激で気持ちいいが、やめると痒さは倍増している。
血液が集まり、充血し、繰り返しているとかきこぼし、血が出てくる。
そこでちゃんと治療をしなかったから、患部は拡散してく。最初は小指の股だけだったので、となりの指へと感染し、ついには五本指すべて、さらに爪にまで侵食していく。
夏は最悪だ。足は臭くなり、見た目もぼろぼろとして気持ちが悪い。
治すために一番は、薬をこまめに塗ることだ。痒くなったら、薬を塗る。
指の間や足裏はこれでなんとか症状は落ち着いてきたが、爪がにうつった水虫がやっかい。
ひたすら薬を塗ってもなかなか効果が上がらない。普通の水虫薬では完治まではいかないようで、放置するとせっかく治った指も再発してしまい、とにかく早く治したい一心です。

 

【20代 男性 会社員】


 

水虫をほったらかしておくとこんな事になる可能性も・・・

水虫で困っている人の多くは【かゆみ】や【見た目の汚さ】、【治りにくさ】などで悩んでいます。
これは逆に言えばかゆいだけ、見た目が悪いだけと症状についてはそこまで深刻なものではないと思っている人が大多数かと思います。

 

ですが、水虫をほったらかしておくと実は大変なことになってしまう可能性をはらんでいるってご存知でしたか?
水虫の原因である白癬菌は体内で感染することはないため、水虫そのものが原因となって重症化することはありません。

 

しかし水虫に感染し傷口がジュクジュクしていたり、ただれた箇所から別の細菌に感染してしまう、というケースが低い可能性ですがありえるそうです。
水虫以外の細菌の中には命にかかわる病気につながるウィルスも多く存在しています。
たとえば、ブドウ球菌、連鎖球が傷口から進入すると蜂窩織炎(ほうかしきえん)と呼ばれる皮膚の細菌感染症や死亡する可能性もある劇症型溶連菌(人食いバクテリア)に感染してしまうケースもあります。

 

このように水虫自体は驚異的な病気でなくても合併症が発生する可能性もありますので、出来るだけ早期に治療したいですね。

爪水虫を治療するなら民間療法?皮膚科?市販薬?

とにかく治りにくく、身近な人にうつしてしまう可能性も高い「爪水虫」を一日も早く治したい!とほとんどの人が思うはずです。

 

普通の水虫であれば、白癬菌に対して優れた抗菌作用を持つ薬が開発さている経緯もあって市販されている水虫専用の薬を根気よく続けるだけでも十分に完治する事が出来ますが、爪水虫の場合普通の市販薬ではなかなか完治する事は少ないそうです。
では爪水虫になってしまった場合はどうった治療をすればいいのでしょうか?

 

 

皮膚科や真菌外来を受診する

爪水虫は皮膚科や真菌外来を受診して治療するのが一般的な治療法です。

 

爪水虫は真菌である白癬菌が原因である為症状だけでは確定診断することが出来ません。受診した際に爪の一部を採取して顕微鏡検査で白癬菌が存在するのかどうかが診断する上で重要なポイントになります。

 

水虫の治療としてお医者さんで処方される薬は主に塗り薬、または飲み薬が使用されますが、爪水虫の場合、主に飲み薬が処方される事が多いです。
これは塗り薬だと硬い爪の中の菌まで浸透しにくく、効果が薄い為、内服薬を使うそうです。


 

内服薬として処方されるのは主にラミシールとイトリゾールという種類のお薬が出されます。
どちらも真菌感染症を治療するお薬なのですが、それぞれ飲み方や薬の飲み合わせなど特徴があります。

 

ラミシールとイトリゾールの特徴
ラミシール イトリゾール

飲み方

連続投与

パルス療法

飲み合わせ

併用禁忌は無い

併用禁忌が多い

血液検査

実施が望ましい

必ず実施する

副作用

多い

少ない

 

薬の飲み方の違い

ラミシール

ラミシールは連続投与として毎日飲み続けて飲みます。

イトリゾール

イトリゾールはパルス療法(短期大量間欠療法)というあまり聞き馴染みのない飲み方がとられています。
これはまず1週間続けて薬を飲んだあと3週間薬を飲むのをストップするという1連のサイクルを3回繰り返す事により効果を発揮する飲み方となっています。
このイトリゾールは服用する期間と服用を止める期間をしっかりと守る必要があります。

 

薬の飲み合わせによる相互作用

ラミシール

ラミシールには飲み合わせの悪い薬(併用禁忌)と定義されている医薬品はありません。

イトリゾール

イトリゾールには飲み合わせの悪い薬(併用禁忌)と定義されている医薬品が多く存在します。

お医者さんに受診する際は必ず服用している薬をお伝えしましょう。
お薬手帳を持っているのならお薬手帳を提出し、市販薬で飲んでいるものがあればあわせて伝えるのがベストです。

 

血液検査の有無

ラミシール

ラミシールは肝機能の低下、血小板の減少などの副作用があらわれる事がある為、使用前や服用中に血液検査を行い経過の観察が必ず必要とされています。

イトリゾール

イトリゾールも定期的な血液検査を行う事が望ましいとされています。

 

副作用について

※こちらに上げたものは副作用の一部です。服用中に少しでも異変を感じたらすぐにお医者さんに受診するようにしましょう。

ラミシール

ラミシールを服用する事により出る副作用は胃のムカムカ、下痢、吐き気、腹痛、胃の膨満感、めまい、発疹、頭痛、食欲不振などがあります。

イトリゾール

イトリゾールを服用する事により出る副作用は胃のムカムカや吐き気、発疹、腹痛、下痢などがあります。

■飲み薬の重篤な副作用について
ラミシールもイトリゾールも肝臓と腎臓に負担がかかる飲み薬となっています。

 

また重篤な副作用として肝機能に障害が現れてしまうケースも少ないながら可能性があるといわれています。
通常水虫を内服薬で治療する場合、半年〜1年程度は継続する必要がありますので、お医者さんとよく相談の上、服用するようにしましょう。
中にはこの二つのお薬のジェネリック医薬品を個人輸入されているという人もいますが、真似するのは絶対におやめくださいね。

 

民間療法を試してみる

水虫になってしまった人が最初に試してみることが多い民間療法。意外と効果があると言われていることが多く、捨てたものじゃないようです。
ただし、科学的に効果が立証されているものはなく、あくまでも個人の体感にもとずくものなので、効果がなかったり、かえってかぶれてしまいひどくなってしまうという声も多く聞かれます。

 

木酢や竹酢を使う

お酢には強い殺菌効果があり、爪水虫の原因である白癬菌にも効果を発揮してくれます。木酢や竹酢を使う民間療法は現在のように水虫薬が発展する前から用いられているもので、一定の効果は期待出来るようです。
使い方は簡単で洗面器などにお湯を張り、木酢や竹酢を混ぜたもので足湯するだけです。
つけている時間は10分〜30分程度つけましょう。ある程度長時間お湯につかることによって爪が柔らかくなり奥に潜んでいる菌まで殺菌してくれます。また、お湯で薄めず直接原液を患部に塗って放置するというやり方もありますが、原液のままだと刺激が強すぎることがありますので注意が必要です。

 

お茶っ葉(緑茶の出がらし)を使う

お茶に含まれているカテキンは殺菌効果があるといわれています。漫画家のさくらももこさんはこの方法で水虫を完治させたとか。

 

使い方は色々とあるようで、さくらももこさんはお茶っ葉を患部にあててとれないように保護して使っていたそうですが、爪水虫だとこの方法ではなく、お茶っぱをお湯の入った洗面器などに入れて足湯するほうが効果が高いと思われます。
この方法はカテキンがキモなので、緑茶でなくても紅茶や番茶でも同じ効果が得られると思います。

 

ティーツリーオイルを使う

ティーツリーはオーストラリアに生息する植物の一種で、この植物の葉を蒸留、精油したものがティーツリーオイルです。
最近では様々な効果が期待できるとかなり有名になっていますので、ご存知の方も多いかと思います。
その効果のひとつとしてに「殺菌作用が高い」というものがあり、消毒薬として使われている場所もあるそうです。
使い方は直接原液を患部に塗ってもいいですし、洗面器にお湯をはって足湯として使っても効果があるとされています。

 

 

 

 

 

 

市販薬を使って自分で治療する

病院に通院する暇がなかったり、通院は恥ずかしい、妊娠中や、高齢者だから飲み薬が使えない・・・
色々な理由で皮膚科や真菌外来にかかることが出来ない人も多いかと思います。

 

爪水虫を市販の塗り薬を使って自分でケアする場合、水虫薬ならなんでもいいわけではなく、きちんと爪水虫に効果があるものを選ばないといつまでたっても治らないという事になりかねません。


 

爪水虫をケアする塗り薬を選ぶポイントは【浸透力の高いもの】を選ぶことが大事です。

 

一般に多く出回っている水虫の薬は主に足裏や足指の間を治療するものなので、浸透力という点においてはそこまで高くありません。
液体なので爪水虫にも多少効果はありますが、爪の奥まで菌が侵食してしまっているとなかなか奥の菌までやっつける事は難しいです。

 

市販外用薬の安全性について

ご紹介したように飲み薬は肝臓や腎臓に負担がかかるのと、肝機能に障害が起きてしまう可能性があるのでリスクがあるという事は否定出来ないかと思います。
その点、市販外用薬は患部である爪に塗るだけですし、それぞれの商品を発売しているメーカー側も安全性については一層の注意を払っているので、高い安全性があると言えます。

浸透力が高い爪水虫に効くケア用品ランキング!

 

クリアネイルショットの特徴

クリアネイルショットは、健康な爪にしてくれる爪水虫ケア用品です。

クリアネイルは、有用成分をオイルで包み込む、スピーディーかつしっかり爪に浸透させる浸透力特化型製法でつくられました。
爪の表面には、親油性の膜があり、油に馴染みやすいという特徴があります。
これによって、硬くなってしまった爪に有用成分がしっかり浸透して、しつこい悩みのタネにアプローチすることができます。
しつこくかさついた爪をなめらかにします。
白癬菌から保護して、爪全体をしっかり保湿して爪をやわらかくします。

価格 2,970円
評価 評価5
備考 25日間全額返金保証付!
クリアネイルショットの総評

爪水虫は、一度悩まされると深刻化するケースがほとんどです。

爪には、成分が浸透しにくいので何かが入り込むことは難しい性質を持っています。
どんなに良い成分でも、浸透しなければ意味がありません。
トラブルを抱えた爪は、分厚く、成分がなかなか浸透しません。
クリアネイルは、硬くなった爪にも、有用成分がしっかり浸透します。
長い間悩まされてきた日々ともおさらばできます。
主な成分は、竹酢液、シトラール、シトロネラールなどです。
根深く広がっている悩みのタネに働きかけ、清潔に保ちます。
また、しつこくかさついた爪をなめらかにします。
ポリアミンは、爪のコンディションをサポートして、より早く健康的な爪にします。
スクワラン、アボカドオイルは、爪を保護してしっかり保湿します。
また、爪をやわらかくして有用成分の浸透を促します。
クリアネイルは、植物由来成分でつくられているので、副作用は一切ありません。
1日1回入浴後、清潔な状態で爪とその周りの皮膚を中心に塗っていきます。
根深くついた悩みのタネにしっかりアプローチする「浸透力特化型」です。

 

 

Dr.G’s クリアネイルの特徴

Dr.G'sクリアネイルとの使い方はとても簡単で、甘皮部分と爪に塗布し、その後指ですり込むだけです。え、これだけ?と思った方もいるでしょう。爪の表面に塗って何の意味があるのか、内側に作用しなくては意味がないのではないか……その心配は無用です。ポイントは、「有効成分トルナフタート」にあります。この成分は広く抗真菌薬として使用されており、白癬菌・水虫菌・タムシといった真菌感染症に強い効果を発揮します。そしてDr.G'sクリアネイルの最大の特徴は、このトルナフタートを独自の浸透技術で爪の上から塗布することで爪の中へ成分を浸透させることに成功したという点です。この浸透技術は特許を取得し、同時にDr.G'sクリアネイルも爪水虫専用外用薬として特許を取得しています。特許を取得した爪水虫専用外用薬は、今のところDr.G'sクリアネイル意外にありません。私は爪水虫じゃないから……と思った方も注目です。ネイルをしている方なら一度は聞いたことがあるでしょう、爪が緑がかって変色する「グリーンネイル」。実は前述した浸透技術を用いたトルナフタートは、このグリーンネイルにも効果を発揮します。

価格 4980円
評価 評価4.5
備考 浸透技術で特許取得
Dr.G’s クリアネイルの総評

Dr.G'sクリアネイルのおすすめポイントとして第1に考えられるのが、「外用薬」という点です。一度爪水虫に悩んだことがある方ならご存知かもしれませんが、爪水虫の薬というと圧倒的に飲み薬が多いのです。病院に行けども行けども、処方されるのは飲み薬ばかり......こんな経験を持つ方も多いはずです。飲み薬の最大の難点は、口に含み体に入れるという特徴から、合わなかった場合体に負担がかかるという点です。内服薬である以上、肝臓や腎臓といった臓器に負担がかかる可能性は排除できず、副作用の恐怖が常に付きまといます。爪が健康になっても体をおかしくしてしまっては元も子もありません。その点、Dr.G'sクリアネイルは外用薬なので、このような心配がないのです。第2のポイントは、使い勝手の良さです。使用は1日2回、爪と甘皮にすり込むだけです。さらに乾きも早いので、「塗ったら乾くまで動けない......」ということもありません。じっくり使うものなので、こういった使い勝手の良さは嬉しいですね。第3のポイントは、効果の高さです。さすが特許を取得した唯一の爪水虫専用外用薬とあって、Dr.G'sクリアネイルの効果・実感力は並々ならぬものがあります。事実、Dr.G'sクリアネイルには「ほかの塗り薬では実感できなかったけど......」「とても安価というわけではないけど、すごい効き目」といった喜びの声が多く上がっています。

 

 

エフゲンの特徴

エフゲンは爪水虫の治りにくい理由のひとつである堅い爪をサリチル酸で柔らかくし、爪の奥の白癬菌まで有効成分が浸透するようにした後、白癬菌に対して抗菌作用のあるウンデシレン酸が角質ごとはがして抗菌するという特徴があります。
また、液体タイプの外用薬の水虫薬であるため、副作用がほとんどなく、授乳中の女性や飲み薬が飲めない方のほか、小さい子や高齢者でも安心して使えるのもポイントです。

価格 2160円
評価 評価4
備考 40年続く水虫専門会社

 

クリアネイルショットが1位に選ばれる理由

浸透力に特化したジェルタイプ

 

副作用の心配無し

 

妊娠中・授乳中の女性や高齢者でも使える

 

入浴後に患部に塗るだけの簡単ケア

 

全額返金保証制度付き

 

健康管理士と専任のアドバイザーがサポート

 

 

クリアネイルショットに使われている成分は身体に優しいものばかりなので、「爪水虫は治したいけど身体に影響があるのはちょっと・・・」とお考えの妊娠中や授乳中で通院出来ない・薬が使えない人や副作用が心配な人に爪水虫専用のケアアイテムとして人気です。
爪水虫は一般的な水虫薬では届かなかった爪の奥の菌にまで届くように浸透力に特化したケア用品で、爪の奥の奥までしっかり有効成分が浸透するため効果を実感できた人が多いのが人気の理由となっています。


 

 

クリアネイルショットのポイントまとめ!
クリアネイルショットの成分はどんなものが入っているの?

クリアネイルショットに配合されている全成分はコチラになります!
水、グリセリン、竹酢液、BG、カルボマー、ティーツリー葉油、スクワラン、アボカド油、水酸化K、フェノキシエタノール、レプトスペルムムペテルソニイ油、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、塩化Na、ダイズ芽エキス

どのくらいの期間で効果が出てくるの?

患部の状態や症状の程度によって個人差はありますが、1ヶ月〜2ヶ月ほど使い続けていると徐々に変化を感じるようになっていきます。
ですが、爪水虫は見た目上良くなったように見えても菌が残っている事がありますので、再発させないためにも出来れば半年程度は継続する方が良いといわれています。

妊娠中や授乳中に使っても問題ないの?

成分自体は優しい成分を配合していますので基本的には問題ないですが、妊娠中は非常に繊細な時期という事もありますしご心配な方は念のためお医者さんに相談した上で使用する事をおすすめします。

爪以外の水虫に使ってもいいの?

使っても問題はないですが、クリアネイルショットは爪水虫に最大限効果を発揮するように特化しているので、足裏や指の間の水虫には効果が薄くなってしまう可能性があるそうです。
爪水虫以外の水虫には別のケア用品を使用するほうが良いかと思います。

ペディキュアを使ってても大丈夫?

ペディキュアを使用していると爪の表面にコーティングが出来てしまい、クリアネイルショットの有効成分がきちんと菌まで届かなくなってしまいます。
ですので、治療中は出来るだけペディキュアの使用は避けたほうが望ましいです。

爪水虫の予防・再発を防ぐには?

爪水虫をはじめとした水虫で一番怖いのが「再発」ですよね。
一生懸命治療して、折角良くなったと思っても気がついたらまた再発している・・・と悩んでいる人もたくさんいます。
さらに水虫は感染力も高く、家族や恋人にうつしてしまう事もよくあります。
親しい人や身近な人に水虫をうつさないためにも水虫の再発を防ぐにはどうすればいいのか?また水虫を予防するにはどういった点に注意する必要があるのか?

 

爪水虫の予防方法や注意しておきたいポイントなど、爪水虫にかからない・再発しないための情報をご紹介します。

 

爪水虫を再発させないために気をつけたい事!

まずはしっかりと治す!

近年発売されている水虫薬は研究と開発を重ねた事により効果が高いといわれています。普通の水虫であれば2週間〜1ヶ月程度、爪水虫でもしっかりとケアしていれば爪が伸びてくる2〜3ヶ月程度でかなり症状は緩和されると思われます。
ですが、見た目上は良くなったように見えても水虫の原因となる白癬菌は完全にやっつけたことにはならず、患部に残った状態のままです。
水虫に悩んでいる多くの人は症状が治まってしまうと薬を塗る事をやめてしまい、残った菌が再度増殖する事により再発したように感じるのです。
ですのでまずはしっかりと自分の水虫を完治させる事が再発防止の第一歩と言えます。

 

感染源を除去しよう!

しっかりと塗り薬や飲み薬で治療してせっかく完治しても白癬菌が生活環境に残っていてはそこから再感染してしまいます。
再度の感染を防ぐためにも感染源となりえるお風呂場のマットや絨毯はこまめに掃除し、サンダルやスリッパは出来れば買い換えた方が良いでしょう。
特に爪水虫の場合、ボロボロになってしまった爪がはがれて落ちますが、このはがれた爪が菌の温床となっていてここから再感染するケースもあるようです。

 

 

爪水虫をうつさない・うつされないためには予防が大事!

普段履く靴を見直してみよう

爪水虫の原因となる白癬菌は高温多湿の環境がとても好きです。通気性のよくない革靴や長靴、女性に多いブーツも蒸れやすい為、白癬菌が好む環境となりがちです。出来るだけ蒸れにくく、通気性の良い靴を選びたいところです。
また、指や爪に負担をかけるハイヒールなども気をつけたい靴の1種です。爪に負担がかかってしまい爪が弱ると通常よりも菌に感染しやすくなってしまいます。また、外反母趾などにも繋がってしまいます。
爪水虫を予防する靴の選び方としては自分の足の形、サイズにちゃんとあっているものを選ぶのが絶対条件です。サイズが大きい・小さいだけでも靴の中でこすれてしまい爪に負担がかかってしまうことになります。

 

足はしっかり洗って清潔にしよう

白癬菌が皮膚にくっついていたとしても実はすぐに感染するわけではありません。一般的に菌が皮膚の表面に付着してから感染するまでには最低でも丸一日(24時間)程度はかかると言われています。
ですので、普段から足をしっかりと洗って清潔にしておくだけでもかなりの予防効果が見込めます。足をしっかり洗うのは大切ですがこの時軽石などでゴリゴリと洗ってしまうと爪や皮膚の表面に見えない小さな傷が無数に出来てしまい、そこから菌が感染しやすくなってしまうので注意が必要です。爪や皮膚に傷があると通常よりも短時間で感染してしまうそうです。足を洗うときは石鹸やボディソープを良く泡立てて、手で優しく洗うだけでも十分に菌は洗い流す事が出来ますよ。

 

足をきちんと乾燥させよう

せっかく足をキレイに洗って清潔になっても指や爪の間に水分が残っていると白癬菌の温床となってしまう可能性があります。しっかりと水分をふき取ってよく乾燥させるようにしましょう。
この時、足を拭くのはバスマットではなく、ちゃんとタオルを使って拭く事が大切です。バスマットは足裏の水滴はとれますが足の間や爪の中までは拭く事が難しいです。
それとあなた自身または家族が水虫の場合、白癬菌をうつさないためにもバスマットは分別しましょう。

 

長時間履きっ放しは危険!換気に気をつけよう

白癬菌を予防するには白癬菌が好む「高温多湿」の環境を出来るだけ作らないようにする事も必要です。
靴や靴下、ストッキングは出来るだけ通気性の良いものを選ぶようにしましょう。また、毎日同じ靴を使うのではなく、2〜3足用意して靴をローテーションするのも効果的です。
オシャレに気を使う方なら靴のローテーションは難しくないと思いますが、オシャレの為に通気性の悪い靴を長時間履くときは時々脱いで風を通すだけでも効果がありますよ。

 

 

 

爪水虫の気になるポイントQ&A!

家族が水虫。こどもにも水虫ってうつるの?

白癬菌は誰にでもうつる可能性があります。ですのでこどもであっても水虫になってしまう可能性はもちろんあります。
ですが、白癬菌に感染するには長い期間足に白癬菌が付着していないと感染まではいきません。小さい子の場合、長時間靴や靴下を履いたりする機会が少ない為白癬菌に触れていたとしても感染する事は少ないです。
お子さんが中学生や高校生の場合長時間靴や靴下を履く機会も増えますので、大人と同様に予防に注意しておいたほうがいいでしょう。

女性は水虫にかかりにくいの?

一般的には水虫は男性の病気を考えられがちですが、白癬菌の感染に男性女性での差はありません。男性がかかりやすいと言われる理由は一日中革靴と靴下を履いて仕事をされている為付着した白癬菌に感染しやすい生活環境という事が上げられます。一昔前は女性の多くが専業主婦であった為付着した白癬菌が感染しにくい環境でした。ですが、現代女性はフルタイムでお仕事されている方も多く一日中靴を履きっ放し、また蒸れやすいブーツを履くので水虫で悩む女性、特に若い女性に増加しています。特に爪水虫は男性よりも女性の方が多く疾患していると言われています。

高齢者は水虫にかかりやすい?

高齢者の多くは菌や病気に対する免疫や抵抗力が低下していることが多い為、白癬菌に感染しやすいといわれています。
さらに同居している家族や介護施設に水虫に疾患している人がいると感染する機会が増えるため水虫にかかる可能性も高くなってしまいます。

水虫の人の衣類は一緒に洗濯しないほうがいい?

白癬菌が付着している靴下やバスマット、タオルなどを一緒に洗濯すると菌が広がると思われるかもしれませんが、白癬菌は流水で十分に流されます。
他の衣類に菌が付着して感染する事はありませんので、洗濯物を分ける必要はありません。

お風呂(浴槽)で水虫に感染するの?

白癬菌は水で流れ落ちていきますのでお風呂の洗い場や浴槽で感染する事はありませんので、心配いりません。
ですが、お風呂を出た後のバスマットを利用されているご家庭の場合、バスマットに付着した白癬菌から感染する可能性がありますので、バスマットは分けるなどの対策は必要です。

爪水虫が悪化すると危険なの?

爪水虫の原因である白癬菌が体内に入り込んで感染し悪さをする事がないと言われていますので水虫そのものは危険は少ないと言えます。
ですが、水虫がひどくなってジュクジュクしていたりびらん状態だと別の細菌が体内に侵入しやすく、細菌感染症などを引き起こす可能性があります。
また劇症型溶連菌などに感染してしまうと場合によっては命にかかわる事も低確率ながらありえるそうです。

爪水虫は足にしか感染しないの?

爪水虫は足の指の爪、主に親指の爪に多いといわれていますが、必ずしも親指だけに感染するわけではなく人差し指〜小指まで感染する可能性は十分にありえます。
また、手の指の爪にも感染する事もあります。ですが、手の爪の場合、普通であれば通気性が高く蒸れる環境にはなりにくいため、白癬菌が感染までいくことはあまりありません。
お仕事で一日中手袋をしているなど特殊な状況の場合であれば、こまめな手洗い等で白癬菌を洗い流せば感染することはほぼないでしょう。

爪水虫は紫外線で治療出来る?

紫外線には殺菌効果あると言われているので、水虫の原因である白癬菌にも効果はあります。
ですが、一般的な紫外線治療器などの紫外線の強さでは爪の表面を殺菌する程度しか効果が期待出来ません。
爪水虫の場合、爪の奥まで菌が入り込んでいるので紫外線では爪水虫を完治させるのは難しいでしょう。

爪水虫が治っても綺麗な爪には戻らないの?

塗り薬や飲み薬で爪水虫の白癬菌を完全にやっつけたとしても白く濁ってしまったりボロボロになった爪は元の状態には戻りません。
爪水虫が完治していれば新しく綺麗な爪が徐々に生えてきますので、完全に爪が生え変わるのを待つしかないのです。
足の爪は1ヶ月に1mm〜2mm程度しか伸びないとされていますので、半年〜一年程度かかります。
また、完全に白癬菌を退治出来たかどうかの判断は難しい為、生え変わりを待つ間も薬による治療を続ける事が推奨されています。

【番外編】水虫対策は食事から!?水虫に効果のある食材・食事

水虫対策というと生活環境やフットケアに目がいきがちですが、実は毎日の食事でも水虫予防をする事が出来るってご存知でしたか?
実際のところ水虫と食べ物はぜんぜん関係なくない?と思うかもしれませんが、普段何気なく食べている食品にはたくさんのすごい効果があったりするんです。
その効果の中のひとつに【身体の免疫力や抵抗力を高める】というものがあります。

 

身体の免疫が低下していたり弱っていたりすると水虫の原因である白癬菌が感染しやすい状態となってしまいます。
普段の食事から身体の免疫力、抵抗力を高めておけば白癬菌に触れたとしても感染しにくく水虫になりにくいので予防には最適かと思いますよ!
身体の抵抗力をあげると風邪や体調不良にもなりにくくなりますし、いいことがたくさんあります!普段の食卓でもちょっとだけ意識してみてはいかがですか?


 

身体の抵抗力を高めるおすすめの食品10選!

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が健康に良いというのは良く聞く話だと思いますが、その理由は免疫力をアップしてくれるNK(ナチュラルキラー)細胞というものが腸内にあり、腸内環境を整えることによってNK細胞が活動しやすくなり免疫力があがると言われています。また腸内環境の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制することによっておなかの調子も良くなり便秘解消にもつながりますので、女性であれば毎日積極的に食べたい食品のひとつです。

 

にんにく

夏バテ対策や元気の源として効果があるにんにくですがその効果はにんにく特有のにおいの元「アリシン」のおかげなのです。このアリシンには実にさまざまな効果が秘められていますがそのうちのひとつに抗菌殺菌作用があります。生のにんにくに含まれている抗菌・殺菌力はとても強力なのですが、加熱してしまうと効果がうすくなってしまいます。できるだけ火を通さずに食べると効果も高いですよ。スライスしたり、すりおろしたりして他の食材と一緒に食べるのがおすすめです。

 

小松菜

小松菜はビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類、カルシウムや鉄分などのミネラルが豊富にとれる食材のひとつです。
身体の免疫力をアップしてくれるだけでなく、女性に多いといわれる貧血や骨粗しょう症対策としても効果の高い食材といえます。
生のままサラダとしてもいいですし、煮浸しや炒め物などレシピもたくさんあります。ほうれんそうと違いアクもないので、使いやすい食材といえるのではないでしょうか。

 

納豆

納豆を代表とする大豆製品に含まれるイソフラボンには強い抗酸化作用があります。また、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と似た働きをしてくれるため皮膚の新陳代謝を促進してくれる効果も期待出来ます。
イソフラボンは大豆製品であればなんにでも含まれていますので、納豆がイマイチ苦手な方は豆乳やお豆腐など他の大豆製品からとってもいいかと思います。
ですが納豆にはビタミンKというビタミンが含まれていて、このビタミンはカルシウムの働きをサポートしてくれますので納豆からとれるとより良いですね。

 

長いも

ネバネバ食品は健康に良いといわれますが、この長いももそのひとつです。長いものネバネバ成分ムチンは鼻や喉などの粘膜を強くしてくれるほか、強い抗酸化力を持っています。
長いもの効果を最大限に引き出すためにはすりおろしさないことがポイントです。昔から食卓に上がるやまいもの千切りは理にかなっている定番メニューのひとつです。
そのほかにもやまいもの天ぷらや輪切りにして両面をこんがりやくだけでも美味しいですよ。

 

にら

独特の味と香りのニラは昔からスタミナアップの食材として知られてきました。にんにくに含まれている殺菌効果のあるアリシンは実はにらにも含まれているんです。
そのほかにβーカロテンも豊富なので、免疫力をアップしてくれる食材として親しまれてきたと言えます。
ニラレバやニラ玉などレシピもたくさんありますので、調理方法に困ることはあまりないでしょう。

 

リンゴ

「1日1個のリンゴで医者いらず」ということわざがあるくらい優秀なりんご。ダイエット中や美容にも効果がありますので女性にはうれしい食材ですね。
リンゴはポリフェノールが豊富に含まれているため抗酸化力が高く、ペクチンという成分は悪玉コレステロールを下げてくれると言われています。
また、免疫力アップに必要なビタミンCも豊富に含まれているので、積極的にとりたいですね。

 

鶏肉

鶏肉は肉類の中でも低脂肪な上たんぱく質が豊富に含まれています。さらに近年の研究ではアミノ酸の一種のカルノシンやアンセリンという成分に抗酸化作用があると発見されました。
豚肉や牛肉に比べるとカロリーの控えめで、たんぱく質をとるなら鶏肉がベストと言えるかも知れません。お値段も安いことが多いですしね。

 

大根

大根に含まれる辛味成分ジアスターゼとイソチオシアネートには強い抗酸化力と殺菌力が含まれています。
ですがこのジアスターゼとイソチオシアネートは普通に大根を食べるだけではとることが出来ません。大根をすりおろした状態ではじめてとることが出来ます。
またジアスターゼは熱に大変弱いので出来る限り大根おろしをそのままで食べるほうがいいでしょう。

 

梅干

梅干の元となる梅の実には、クエン酸やビタミン類などが豊富に含まれています。また強い殺菌作用もあるので、うってつけの食品と言えますね。
また最近では梅干を焼いたものを食べると良いと口コミなどで評判となっているようです。ダイエット効果や血液をサラサラにする効果が期待出来るようです。

更新履歴